セーターをカーディガンにリメイクする方法

sweater_cardigan01

今回は、手元にあって着ていないセーターを、カーディガンにリメイクしてみました。

このセーター編みが広いので、風通し良すぎてこれ単独では着れず。どうも上手く着こなせないので、ずっとタンスの中に眠ってたものです。

可愛い服でも、少し着心地が悪いだけで、なかなか着ないものですね。

ということで、サッと羽織れるカーディガンにしてみました。

sweater_cardigan02

それでは、今回のリメイクの手順をご紹介します。

必要なもの

  • セーター
  • ミシン
  • ミシン糸
  • 布切バサミ
  • 長方形の生地 2枚 (セーターに合った生地)

リメイク方法

1:セーターの真ん中を、布切はさみでカットします。

sweater_cardigan03

2:切り口の長さと同じ長さの、縦長の長方形のピースを2つ用意します。

それらを半分に折り、カットした切り口を挟むようにしてピンで留めます。
(長方形の切り口がほつれてくるタイプは、真ん中に折った後、さらにその折線に合わせるようにして端を内側に折り、四つ折りにして挟むようにすると綺麗に仕上がります。)

sweater_cardigan04

3:先ほどの上から、ミシンでスティッチをかけて縫い付けます。ここでは先に内面のみ縫った後、表面を返して、上からスティッチをかけるようにして縫いました。

sweater_cardigan05

4:針と糸を使って端をキレイに処理し、ボタンを付けます。
(ボタンは飾りで、内側にスナップを付けて留めています。)

sweater_cardigan06

これでリメイク完成です。

sweater_cardigan07

着た感じはこんな感じです。

sweater_cardigan08

なかなか着心地良いです。リメイクして正解でした。

カーディガンは羽織るだけでオシャレに見えるので、いくつも持ってても使えます。

タンスに眠っているセーターがあれば、ぜひリメイクしてみてください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です