グルーガンを使った雪の結晶の作り方【クリスマスデコレーション】

snowflake01

街中では早々とクリスマスのデコレーションがされるようになりました。
もうすぐクリスマスですね。

海外のクリスマスは日本のものと違って、「家族」で集まってお祝いします。日本のお正月みたいな感じですね。クリスマスのデコレーションも凝っているものが多く、ツリーはもちろん、イルミネーションやその他デコレーションにはとても力を入れています!

さて今回は、そんなクリスマスのデコレーションにピッタリ!の、グルーガンを使って作る雪の結晶をご紹介します。

壁や窓に貼れるので、冬のホームデコとしてピッタリですよ。

必要なもの

  • グルーガン
  • グルースティック(透明)
  • クッキングシート
  • テンプレート
  • のり(私はモッドポッジ マットを使用しました)
  • 筆もしくはスポンジ(糊付け用)
  • ラメパウダー

snowflake02

テンプレート

[ダウンロードの仕方]
右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」を選択。
もしくは、リンク先のPDFから保存を選択してください。

※このテンプレートは個人利用のみご利用可能です。再編集、再配布は禁止です。

作り方

1:テンプレートをダウンロードして印刷しておきます。テンプレートの上にクッキングシートを重ねて、グルーガンで線をなぞるように描いていきます。

ポイント:グルーが全部繋がるように描きます。ある程度厚みがあるほうが、後で形が壊れません。

snowflake03

2:グルーが固まるまで待ち、壊さないように丁寧にクッキングシートからはがします。

グルーが糸を引いて細かなグルー糸が絡まっている場合は、ピンセットなどを使って取り除きます。

snowflake04

3:グルーでできた結晶の上に、筆などを使って糊付けし、ラメパウダーをふりかけます。

snowflake05

4:乾燥させます。

snowflake06

5:糊が完全に乾いたら、結晶についている余分な糊やラメを綺麗にして完成です。

鏡や窓など、表面がツルツルしている面に対して張る場合は、出来た雪の結晶の裏にグルーガンで数箇所糊付けし、グルーが固まる前にすばやく貼り付けます。

(グルーガンを使って窓に貼り付けるのが不安な場合は、壁と同じく両面テープなどを使って張り付けると良いです。)

snowflake07

窓に張った雪の結晶です。

かなりしっかりした作りですよ~♪

snowflake09

こちらは壁に貼ったものです。

壁にはグルーガンは使えないので、両面テープを細く切って貼っています。

snowflake08

いっぱい作って飾ると、すごいキレイです!

グルーを描いていく作業がわりと大変ですが・・・(手が疲れるw)。

かなり本格的なウィンターデコレーションになりますよ。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です