ベーシック☆ドリームキャッチャーの作り方

dream_catcher01

$ストア(日本の100円ショップのようなもの)で、ドリームキャッチャーのキットが売っていたので買ってみました。

価格は覚えてないけど$1.25だったような・・・この価格でフルセット入っていることに驚きです!

簡単な作り方も載っていたので、それに従って作ってみました。

作った際に気になったことやポイントも含めて、作り方を分かりやすくまとめました。

材料

  • 金属リング
  • ビーズ
  • レザーひも
  • 羽根
  • 細めのコード
  • 飾り用ビーズ(オプション)

キットにはこの他に、コード用のプラスティックの針と作り方が入っていました。

dream_catcher12

作り方

1:リングにレザーひもを巻きつけていきます。ひもの最初はリングに結んでおくか、洗濯ばさみなどで固定しておきます。

dream_catcher02

2:全体にレザーひもが巻かれたら、最後の端と最初の端を結んで留めます。ここでは余ったひもで、引っ掛ける輪をつくっておきました。

3:次に細めのコードを中に編んでいきます。最初に端をリングに結んで固定します。

dream_catcher03

4:次に少し離れたところに上から後ろに回り、輪の中から出すようにして一巻きします。

巻いたところを指で押さえ、コードをピンとなるように引っ張り、先に巻いたレザーひもの隙間に挟まるようにして場所を固定します。

同じ間隔で、同じようにしてコードを外周に巻いていきます。

ポイント:この外周に巻く回数によって網目の荒さが決まります。荒めにしたければ間隔を広く、巻く回数を少なくします。逆に細かくしたければ、間隔を狭く巻く回数を多めにします。

5:外周が終わったら、外周に巻いてできた輪に同じようにして編んでいきます。

編んでる途中の好きなところで、ビーズを通しておくこともできます。

dream_catcher04

6:最後まで編んだら、端を結んで余分なコードをカットします。

7:次にレザーひもと羽根を使って、飾り用の部分を作ります。

同じ長さのレザーひもを3本作り、それらを半分に折り、両端と中央にそれぞれ羽根を付けます。

dream_catcher05

8:レザーひもに羽根を二重にして結び、取れそうで不安なら、念のため接着剤などを結び目に少しつけて固定します。

dream_catcher06

9:結び目の上にビーズを被さるようにします。ビーズは反対側から通すか、羽根を結ぶ前にレザーひもにビーズを通しておきます。

今回は、それぞれの端と中央に計4枚の羽根をくくりつけた飾りひもを3本作りました。

これで全パーツができました。

dream_catcher08

10:先ほどの飾りひもの半分の輪の部分をリングの上に置き、その輪から出すようにしてリングに括り付けます。

dream_catcher09

これで完成です~☆

dream_catcher10

ベーシックなドリームキャッチャーです。

入っていた飾り用のビーズは、結局使いませんでした。他のDIYプロジェクトに使おうと思います。

You may also like...

1 Response

  1. 2015/08/18

    […] レシピURL:ベーシック☆ドリームキャッチャーの作り方 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です