人間のコートからリメイクして作るフード付き犬のコート

dog_coat01

11月に入って、急激に寒くなったカナダ。去年の冬は25年ぶりの寒冬だったけど、今年の冬はそれらを上回るほどの寒冬になるそうです。

うちの犬は毛が短いので、寒さに弱いです。雪が降ったハロウィンの日は、外に出た時に寒すぎて震えてました。冬用の犬のコートはあるのですが、すごくダサい。

新しいの買わなきゃね、と言っていたのですが、私の冬用のコートのジッパーが壊れたので、そのコートをリメイクして犬用のコートを作ることにしました。

いろいろゴニョゴニョしたので、細かな手順は省きますが、全体的な作り方の流れを公開しておきます。(サイズはうちの犬用に測って作ってます。)

必要なもの

  • リメイク用のコート
  • 布切はさみ
  • 糸きり(リッパー)
  • まち針
  • ミシン
  • 面ファスナー
  • ボタン(飾り用)

リメイクの流れ

今回はこのコートをリメイクします。

dog_coat02

1:まず袖の部分が必要なかったので、縫い目をほどいて取り外します。また、フードが大きかったので、一回り小さくカットしました。

dog_coat03

2:犬のお腹周りを測ります。胸周りとお腹周りの幅が違うので、胸周りとお腹周りをそれぞれ測ります(胸周りのが幅広)。測ったサイズ+重なり合う部分(面テープを張る部分)の長さを、コートに取ります。

このコートはデザイン的に複雑だったので、横の部分のスティッチをほどいて、背面と側面のパートに分けて行いました。

dog_coat04

3:全てのパーツを組み合わせていきます。パーツは表面同士を合わせ、裏面が上になるようにして、ミシンで縫っていきます。一箇所を除いて全て縫い終わったら、開けておいた箇所から表へ返し、手縫いで縫い止めます。

ここで一旦、実際に犬に着せてみて、サイズがきちんと合っているか確認します。最後に、首周りと胴の部分に、ミシンで面テープを縫い付けます。

dog_coat05

完成した犬のコートがこちら。

dog_coat06
dog_coat07

コートを着た状態。

dog_coat08

胸が開いてるのが気になる・・・。これじゃ完全防寒にはならないかも。

dog_coat09

次回は胸も隠れるようなタイプを考えてみます。

けど、胸の部分があると走りにくそうなので、あえてこのタイプの方が動きやすそうです。

フードがかわいい♪

dog_coat10

これは公園でリスを探しているところです。(笑)

こっちのリスは冬でも冬眠しません。またサイズも、日本のシマリスよりも黒くて大きい。

そして、、、見つけました。

dog_coat11

遠目でこれだから、かなり大きいです。

ちなみに、リスを追いかけても、コートは脱げません。

コートを着せるには、まだちょっと早いですが、あと1ヶ月もしたら活躍しそうです。

Tim

裁縫やクラフト、料理などが好きな男の子2人のママ。裁縫はもちろん、アクセサリーやジュエリークラフトも得意。現在はカナダ在住。もっと見る >