空き缶で金属パーツ作り

can_hardware_parts01

空き缶や、一部分に金属パーツが使われている空き容器から、何かクラフトで使えるパーツができないかと思い、金属のパーツを作ってみました。

今回は、空き缶とお茶の容器、さらにコーヒーの缶から、それぞれフープパーツとサークル金属板を作りました。

まだ何に使うか決めていませんが、ここではパーツの作り方を紹介します。

必要なもの

  • 空き缶、もしくは一部分に金属パーツが使われている空き容器
  • 缶きり
  • キッチンバサミ
  • ヤスリ
  • 軍手
  • あればゴーグル

can_hardware_parts02

手順

1:缶きりでトップの缶をカットします。

can_hardware_parts03

2:印のところを切り取ります。キッチンバサミで、缶の中央からハサミを入れてカットしていくとやりやすいです。

can_hardware_parts04

一度にカットしないで、少しずつカットしていくとキレイにカットできます。

※ここでは軍手をして行ってください。細かいアルミの屑は、手のひらに刺さるととても痛いです!(←経験済み)また形を整えていく時に、細かい破片が飛んだりするので、あればゴーグルをして安全に行ってください。

can_hardware_parts05

3:切り口にヤスリをかけて完成。フープパーツが出来ました。

can_hardware_parts06

別の容器

次はこちらの空き容器を使います。右がお茶パックが入っていた容器、左がコーヒー豆が入っていた容器です。

コーヒーの方は上下、お茶は下の部分が金属だったので、そこのパーツを外します。

can_hardware_parts07

1:中央部分を缶きりでカットし、外枠を外します。

can_hardware_parts08

2:キッチンバサミで容器部分を4等分くらいにカットして、引き抜きやすいようにし、手やペンチで金属部分と容器部分をはがします。

can_hardware_parts09

そんな感じで、出来たパーツはこちらです。

can_hardware_parts10

んーこのパーツ、何に使えるんだろう。今のところかわかりませんが・・・(笑)
このパーツを使ってできるクラフトを考えてみたいと思います!

とりあえず次回は、フープパーツを使ってドリームキャッチャーにしてみようと思っています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です